オフィスで働く人々をバックアップ

充実した設備で満足のいく利用を

例えばこんな時に利用などいかがでしょう?

私もかつてサークルの打ち合わせと、結婚式二次会の打ち合わせの際に、何度か貸し会議室を利用したことがあります。
その時は、喫茶店に併設された貸し会議室で、オーダーすればおいしいコーヒーやケーキが食べられて、嬉しかった記憶があります。
参加人数もそれほど多くなかったので、それほど広くはない部屋ではありましたが、2,000円から3,000円程度で利用できました。
利用規模が小さい場合は、そういった喫茶店などに併設された貸し会議室のほうが、お手軽です。

社内の会議室が足りない時や、フリーランスの人が、顧客と会う時などにもよく利用されるでしょう。
コンプライアンスが声高に叫ばれる昨今、まわりに誰がいるかわからず、職業上の機密などが聞こえ洩れる不安のある場合、喫茶店よりも、個室になっている会議室を利用したほうが断然、よいでしょう。

社内の負担を軽減するために

大きなオフィスを持っている会社ばかりではありません。
会議室のスペースを取ることに汲々としているところもあるでしょう。

経費削減が声高に叫ばれる時代です。なるべく物件を安く借りようとすればオフィスの坪数も少なくなります。
そういう時、社外の会議室を重宝している会社が割と多いようです。

社内に会議室がある場合、スペースの確保も確かに重要ですが、それ以上に備品の管理が大変です。
プロジェクターやスクリーン、ホワイトボードやその他、消耗品。
それらのメンテナンスや追加購入が必要になってきます。小さな会社の場合、総務の人手が足りないという時、そうした細かい仕事はとにかく負担になってくるでしょう。

しかし、貸し会議室ならば、そういった面倒はすべて先方にお任せです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ